児童の活動

◆サクラソウ◆

     
   
サクラソウの栽培を通して
地域の花であるサクラソウを本校でも育て、
自生地に戻していくために栽培活動をはじめました。
栄小の栽培活動
本校では、平成6年よりサクラソウの栽培に取り組んでいます。
サクラソウは埼玉県、さいたま市の花です。
地域には、錦乃原というサクラソウの自生地がありました。
   
   

     
   
栽培委員会や4年生を中心にした1年間の紹介
花が終わった後の
水やりや草取り
増し土(土入れ)作業
土作り作業 芽分け作業
腐葉土と赤玉土を混ぜて
土づくりをします。
土の中で1つの芽が3つの芽に
増えます。この作業が一番手間が
かかり重要なところです。
   
   

       
   
植え付け作業 植え付け後
いよいよ植え付け作業です。
ていねいに芽の向きを整えます。
向きが違うと開花にも
影響がでます。
芽が出てきたときの喜びは
とても大きいです。
委員会は新しい5年生に
引き継がれます。

植え付け後
   
   

     
   
地域の方々に協力をいただいて、「さくら草を楽しむ会」を
毎年4月に開催しています。